腱板損傷

スポーツになどによるもの以外でも、60歳を超えると身体の強度が低下してあちこち負傷し易くなってきます。そんな体の変化の一つに肩の腱板損傷があります。断裂してしまうと手が上がらなく(特に横方向に)なってしまいますが、部分的な損傷では痛みと共に、ある位置で手を挙げる際に引っ掛かったりします。ブルーパルスの施術を行うと、引っ掛かり完全になくすことが出来るとは言えませんが、可動域制限や運動痛はなくなります。週2回10分程度で3週間、もちろん完治ではありませんので時々のケアは必要です。今の段階では腱板の修復までフォローできていません。

 

PAGETOP