脊柱管狭窄があり坐骨神経痛が発症した場合

老化による体の変化は当然全身に及び、頭の位置が前に出て顎が上がり、背中が丸くなり、背が縮み、膝の間隔が広がりというように体形の変化に表れます。脊柱管狭窄症だから神経痛が出ているみたいに言われる患者さんがおられますが、いつでも痛みがあるわけではなくコンデションが悪いと痛みが出る場合がほとんどで、更にきっかけとなる原因があることが多いです。つまりコンディションがよくなれば痛みが軽減普通に暮らせるようになることが多いです。ブルーパルスの施術で大半の方がほとんど普通に暮らせています。施術の目安は3回目でずいぶん楽になったと言っていただけています。

PAGETOP